Welcom to Yuki Laboratory!

IMD_ROLISラインナップ・撮像原理

ROLISラインナップ

多様な製品形状・撮像条件に対応するために、多数のバリエーションを取り揃えました。
検査部位・回転部位・カメラの違いから、主に8種類に分類されます。

バリエーション

ROLISカメラタイプは、扱いやすく芯振れ・芯ズレに対する許容度の高いエリアカメラを
使用しています。これにより一台のカメラで端面の検査も可能です。
またスリットを開くことにより、リアルタイム2次元画像でのピント合わせなどの調整も
可能です。

ラインカメラタイプは、エリアカメラの4000倍以上の画素数で撮像が可能です。



撮像原理

 ■外周撮像モデル

 円筒面を左回転した場合、撮像素子面(CCDカメラ)の画像は
 レンズを介しているので右に流れます。
 これに同期して、撮像素子を右に移動させることで
 円筒面を展開した画像を得ることができます。
 また、撮像素子の前面にスリットを設け
 円筒面の中心付近の光のみを露光させる構造となっています。
 [特開2012-4805]

  ROLISカメラの転写原理
   ROLISカメラの転写原理

 ■内周撮像モデル

 ●ワーク回転タイプ     
  外周撮像モデルのレンズの先に
  45度に傾けた先端ミラーを設けた構造になっています。
  ワークを回転させることで
  外周面と同様に、内周面の展開画像を得ることができます。

  ワーク回転タイプの基本構造
  ワーク回転タイプの基本構造


 ●ミラー回転タイプ
  先端ミラーを回転させる構造になっています。
  この場合、素子面に結像した画像も回転するので
  ミラーとレンズの中間に光回転機構を設けることにより
  撮像素子を回転させなくても内周面の展開画像を得ることができます。
  [特開2012-49624]

  ミラー回転タイプの基本構造
  ミラー回転タイプの基本構造


| 特徴

 ■ハイライトの自動補足
 ハイライト部分は僅かな芯ズレ等でも移動します。

 ●ラインセンサカメラ
  ラインセンサカメラの場合、受光部は細いラインのため
  激しい光量ムラが発生します。

  ラインカメラ/ハイライト素子中心   ラインカメラ/ハイライト素子外れ
    ハイライトが       ハイライトが中心から
   素子の中心にある場合     外れた場合、受光できない


 ●ROLISカメラ
  ROLISカメラの場合、幅のあるスリットで撮像するので、
  一定の範囲内であればハイライトが移動しても自動的に補足します。

  ROLISカメラ/ハイライト素子中心   ROLISカメラ/ハイライト素子外れ
    ハイライトが       ハイライトが中心から
   素子の中心にある場合      外れても受光できる  

 ■容易な調節
 CCD全面のスリットは開閉式となっています。
 スリットを開くことで、リアルタイム2次元画像によるピント合わせや、
 画角調節、光源の調節ができます。
 また、同じカメラで通常撮像の2次元撮像検査もできます。

  スリット閉   スリット開   
       画像の説明           画像の説明
  円筒外周面の展開画像  スリット開状態でのリアルタイム2次元画像
   円筒外周面の展開画像     スリット開状態での
                リアルタイム2次元画像



■ROLIS TOP
■ROLISラインナップ・撮像原理
■ROLISソフトウェア
■ROLISカスタムメイド・搬送機構の設計
■ROLIS導入のメリット・流れ
■ROLIS製作例



■お問合せ先■
ユキ技研株式会社 検査装置事業部
〒487-0032 愛知県春日井市高森台4丁目8-42
TEL 0568-94-2801 / FAX 0568-94-2802
info@yukilabo.co.jp

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional