Welcom to Yuki Laboratory!

IMD_ROLISソフトウェア

ROLISソフトウェア

ソフトウェアには、並進処理機能を搭載した当社のオリジナル言語[リストプログラム]
を採用しています。画像処理はもちろん、サーボモータやシリンダ、各種センサの制御も
可能です。また、搬送系の制御や前後装置とのハンドシェイクなども、簡単な操作で実現
します。



| 画面構成

 ■検査画面
 検査画面には、画像データや欠陥の検出位置・測定結果・判定結果・グラフ
 などを表示します。

 検査工程や搬送制御工程の進捗状態を常に表示しているので、運転が停止
 した際の原因が一目でわかります。

 タッチパネルに対応しており、画面のボタン操作や画像操作などを直感的に
 扱うことができます。

 オペレータに対して、操作ガイドを常に表示しています。次に操作する
 ボタンや内容を表示することで、わかりやすく誤操作ないオペレーション
 を実現します。

 検査画面例
           検査画面例

 ■調整画面

 調整画面では、入出力信号状態・光源状態・ライブカメラ画像の確認や
 調整を、画面の情報を使って行うことができます。

 画像の説明
           調整画面例



| リストプログラム

リストプログラムとは、画像処理プログラムや前後装置とのハンドシェイク、
制御プログラムを構築するために開発したプログラム言語です。並進処理機能
を搭載しており、複数の異なるプログラムを並進実行することができます。
また、他の並進処理プログラムに対して、実行位置の制御によりサブルーチン
のように扱うことも可能です。

プログラムの記述は、コマンド[命令]をリストに記述していきます。
コマンドはマウス操作で一覧表から選択します。コマンドに対するパラメータ
も同様に一覧表から選択または、直接入力ができます。

プログラムの実行は、リストに記述された順に上から実行していきます。また、
条件判断による分岐や繰り返し制御が可能です。

動作確認時には、行単位での実行が可能です。指定範囲内を連続的に部分実行
が行えます。IOボード・位置決めボード・ADボードなど、各種の
インターフェイスボード制御に対応しています。

1台のパソコンで、画像処理プログラムと搬送系の機械制御プログラムなどを
統括したシステム構築も可能です。

リストプログラム記述例
        リストプログラム記述例



| 画像処理

 ■豊富な画像処理フィルタ
 標準的な画像処理関数が組み込まれており、検査追加・試作評価が簡単に
 行えます。各コマンド処理時間が常に計測されており、全体の処理時間を
 把握できます。検出対象の特徴にあわせた画像処理アルゴリズムやフィルタ
 処理を、専用設計して組み込みます。

 ■光量調節
 撮像時の光量をフィードバックすることで、検査に最適な光量に自動制御
 します。光源に対する出力値の変動を管理することで光源の劣化状態、交換
 時期の予測が可能です。

 ■結果管理
 検査画像をファイル保存できます。この保存画像により再検査やパラメータ
 変更による処理結果の確認を実機レスで行うことが可能です。導入後、
 予想外の撮像結果が発生しても画像を元に最適な処理を検討し、新たな
 コマンドやアルゴリズムの作成、追加などの対応が可能です。



| リストプログラムコマンド実行例

コマンド実行例




| リストプログラムコマンド

画像の説明



■ROLIS TOP
■ROLISラインナップ・撮像原理
■ROLISソフトウェア
■ROLISカスタムメイド・搬送機構の設計
■ROLIS導入のメリット・流れ
■ROLIS製作例



■お問合せ先■
ユキ技研株式会社 検査装置事業部
〒487-0032 愛知県春日井市高森台4丁目8-42
TEL 0568-94-2801 / FAX 0568-94-2802
info@yukilabo.co.jp

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional