Welcom to Yuki Laboratory!

IMD_リストプログラム

IMD_リストプログラム

 ユーザーがプログラムを書くための言語ソフトから手掛けることで、他に真似のできない処理形態を実現しています。並列処理機能を搭載しており、制御プログラムと画像処理プログラムを同じフィールドで記述できます。
 標準では困難な処理も、コマンドや関数を専用設計で追加・変更ができます。これはオリジナル言語ならではの強みとなっています。ユキ技研はこの言語開発にこだわりを持って取り組んでいます。

リストプログラム



プログミング
 コマンドを選び、パラメータを設定するだけで、サーボモータやシリンダを制御できます。
 プログラムの記述は、コマンド[命令]をマウス操作で一覧表から選択しリストに記述していきます。コマンドに対するパラメータも同様に、一覧表から選択または直接入力ができます。

実行・動作確認
 プログラムの実行は、リストに記述された順に上から実行していきます。また、条件判断による分岐や繰り返し制御、Jump制御が可能です。
 行単位での実行が可能で、1行ずつ実行していき状態を確認しながら作業できます。また、指定範囲内を連続的に部分実行させることができます。IOボード・位置決めボード・ADボードなど、各種インターフェイスボード制御に対応しています。

画像処理
 標準的な画像処理関数が組み込まれており、検査追加・試作評価が簡単かつ直感的に行うことができます。各コマンド処理時間が常に計測されており、全体の処理時間を把握できます。
 検出対象の特徴にあわせた画像処理アルゴリズムやフィルタ処理を、専用設計して組み込みができるのもオリジナル言語の有利な点です。

光量調整
 撮像時の光量をフィードバックすることで、検査に最適な光量に自動制御します。光源に対する出力値の変動を管理することで、光源の劣化状態、交換時期の予測が可能です。

結果管理
 検査画像をファイル保存できます。この保存画像により、再検査やパラメータ変更による処理結果の確認を実機レスで行うことが可能です。また導入後、予想外の撮像結果が発生しても画像を元に最適な処理を検討し、新たなコマンドやアルゴリズムの作成、追加などの対応が可能です。
 また導入後に予想外の撮像結果が発生しても、画像を元に最適な処理を検討し、新たなコマンドやアルゴリズムの作成、追加などの対応が可能です。



■product 検査装置紹介
■section グループ紹介
・機械
・ソフトウェア
  リストプログラム
  FLOWER
・マシンビジョン
・電気



■お問合せ先■
ユキ技研株式会社 検査装置事業部
〒487-0032 愛知県春日井市高森台4丁目8-42
TEL 0568-94-2801 / FAX 0568-94-2802
info@yukilabo.co.jp

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional